トップDiaryトップ2005年4月の日記


2005年 4月の出来事

大工にキレる


4月3日

大工にキレる

を書くその前にこの日記はここに書こうかやめようか悩みました。しかし家を建てる過程で

”こんなこともあるのです”と皆さんに知って頂きたく、書き残すことに決めました。

今回、私の立場は新築を建設している隣の御近所さんです。

家を建てている人
から建てられている人になってみてこれまた色々と大変なのです。

それではお約束の”おちゃらけ”も少しだけ織り交ぜてどうぞ↓


大工にキレるといってもこの家を作ってくれた大工さんではなく

今、我が家の隣の敷地で新築を建てている大工さん。

この大工がここに来るようになってはや4ヶ月も経過4ヶ月が経過しようとしています。

大工さんという職業は建設中の家に1番長く居座る立場。

だから御近所さんとも自然と顔見知りになってしまいます。

そしてこの50歳近くと思われる大工、とても摩訶不思議な大工なのです。
摩訶不思議その1
あいさつは絶対しない。
たぶん”礼儀”っていう文字を知らないのでしょう
摩訶不思議その2
平日は仕事をやっているのかやってないのかよく分からないが

日曜、祝日になるといつも朝から晩まではりきって仕事をしている。
何か事情があるのかもしれないが
摩訶不思議その3
うちの女房と目が合うと、女房が家の中に入るまで

いつもジーーッと視線で後を追っている。よって女房が気持ち悪がっている。
たぶん私の女房に惚れたか、人妻マニアかと推測される。
摩訶不思議その4
うちの駐車場に車が無いことを確認するやいなや、我が家の敷地内を

当たり前のように車で乗り入れたり、旋回をしていく。駐車してあることも。
我が家の駐車場に車が無いと、家の中に誰もいないと思っているらしい。
「敷地内をまたがってしまう時もありますが〜」なんて一言あいさつでも
してくれていたら気持ち良くうちの敷地を使ってもらえるのにね
摩訶不思議その5
御近所の塀によく車をぶつけたまま停車をしている。
これは近所のうわさになっています。もし俺んちだったら間違いなく怒ります。
摩訶不思議その5
この大工が乗っている仕事カーがこれまた摩訶不思議。




それはというと↓









1番肝心なアピールをしなくてはいけない部分が白いペンキで

塗り消されています。アンタは何建築なんだ!

この車を見るたびに謎が深まるばかりです

こんなんで商用車として通用するのであろうか?






そば屋で例えるならば・・・・








屋号が分からない蕎麦屋さんと同じ





に●かつロマンポ●ノで例えると・・・・おいおい











絶妙な遠近法で1番気になる部分を隠している
薔薇の花瓶と同じ

分かる人にはこの気持ち分かるはず




俺は何を書いているのだろう・・・・どうまとめたら良いのだろう・・・・

とにかくこの大工、1つだけやめて欲しいことがあります。それは

2階から大きな木くずなどのゴミを

地上の廃材置き場にポンポン投げ飛ばすことです。


この投げ飛ばした時の“ドーン!!”と鳴り響く音がものすごくうるさいです。

我が家の中まで地響きがしてきます。私の妹の赤ちゃん(生後6か月)がうちヘ遊びに

やってきて昼寝をしていた時、この音に驚いて泣き出してしまったこともありました。

電ノコやドリルの騒音ならしょうがないです。しかし2階の廃材なんて投げ飛ばさなくても

何か別の方法があるはずです。この大工が仕事をしている時は必ずと言っていいくらい


“ドーン!!”
と騒音が響き渡ります。

私だけではなく周りの御近所さんもこの行為にイラついていました。

あまりにも大工の工期が長すぎるのと、周りの近所に全く気を使わない仕事ぶりに

いつからかバ〇大工と影でささやかれるようになってしまいました。




そして今日、とうとう事件が発生!朝、私は夢の中、

すると

ドーン!!と、ものすごい騒音で、

朝に弱く、寝起きがとても悪い私が飛び起きてしまいました。

「なんだ!?なんだ!?」と思うや否や

またドーン!!

すぐにピンときました。窓から外を覗くと案の定、





あの大工、

日曜日のAM8:00なのに2階から

廃材をバンバン投げ飛ばしているではありませんか!!










オヤジ、怒りのイメージ画



あまりの常識の無さに私はとうとう切れました



寝ボケていたから余計に切れました



玄関ドアをすぐに開け

「うるせぇーんだよ!!」

と雄叫びを一発。

すぐに大工のいた場所まで行ったが大工の姿が見当たらない。

「大工ーー!!ちょっとでてこい!!」

と再度、雄叫びをあげる。すると大工が奥から私をにらみつけながらでてきました。

大工の顔と態度を見た途端、私は今までのつもりにつもったイライラついに爆発

「アンタよー!!
日曜日の朝からうるせぇーんだよ!!
また2階から廃材投げ飛ばしてたんべー!!」


「ええ」

「ええじゃねぇーよ!!
自分のやってることがどれだけ近所に迷惑
かけてんか分かってんかぁ!」

「はい」

「平日ならまだ我慢してやるよ!!
今日なんか日曜だんべー!!
←もろ群馬弁
まだ寝ている奴、いっぱいいるぞ!!」


「ええ、」

「だから ええ じゃねんだよ」

「はい、」

「うぁ!俺、もしかしておちょくられているのか?話が全く通じねーよこの大工・・だめだこりゃ」

「アンタじゃだめだ、施工に電話するよ」

「施工に電話してくれぃ!」

「なんだこいつ!むかつく・・・」

会話が全く成り立たないのと“すみません”の言葉が一言も無かったのに

かなりむかつき、最後に嫌味な捨てセリフを一言いってやりました。

「はやく仕上げろや」

「あと2日で終わるよ」

「はぁ?」

私は木工事に4ヶ月もかけてんじゃねぇーよ

と嫌みを言ってやったつもりなのに


家の規模も程度もそんなに我が家と変わらない
ちなみに我が家を作ってくれた棟梁は木工事を2ヶ月かからないで完了している


アンタの工期期日なんか聞いてねーよ



この大工とはじめて会話(?)のやり取りをしましたがだめです!

予想以上に話が通じる相手ではありませんでした。

噂通りの〇〇大工でした。

でもこんな大工だと

施工さんばかりではなく、

この家の施主さんまで印象を悪くしてしまうような気が・・。


頼むからアンタの作業をはやく終わらせてもう2度と私の前に顔を見せないでね。

はやくあなたと巡り合ったことを忘れたいから。

施工に電話をしようと思ったけど、文句を言ったところでどうにもならない気がしたのと

この大工のことで電話をする手間も馬鹿らしく思い、気が失せたので結局、

電話はしませんでした。大工さん、アンタの悪い印象は

そのまま施工さん、施主さんにリンクしていくことをお忘れなく!!

それとあの車、何とかしてくれ!!個性派過ぎるぞ!!

なんだか書いていたらまたむかついてきちゃったのでこの話はこの辺で・・・



今、建築中の施主さん達へ
私が実際、隣で建築されている立場になってみて
騒音、人だかり、道路がふさがってしまうなど
御近所さんには想像以上に迷惑がかかってしまうものなんだと痛感しました。
こんなことを思っている私ですが、
自分の家を建設中の時には全然気にもしていませんでした。


でもこの迷惑は家を建てる過程でどうにもならないことです。しょうがないことです。

施主さんも大工にお茶入れをしたり、家の見学をしたりなど
現場に立ち寄ることがあると思います。
だから御近所さんに会った時は、
たとえ
私みたいなイヤーな感じがする御近所さんでも我慢をして
「こんにちは、いつも御迷惑かけてすみません」程度でいいですから
あいさつだけはきちんとしておいた方が良いと思います。
これだけでもかなり印象がちがうのではないでしょうか?
大工などの業者は家が完成してしまえばその場からさようならで済むけど
施主さんはこれからその場に長ーーく、居なくてはなりませんから。
たとえ、バ〇大工でも施主さんがしっかりしていれば
御近所さんの貴方に対する受け入れ方もかなり違うのではないかと思います。


私も、もっときちんとあいさつをしておけばよかったと今になって後悔をしています。

こんな私でも気持ちよく受け入れてくれた御近所さんたちには感謝!!

それと


小春日和な日曜日の朝っぱらから

雄叫びとも言えるデカい声で

怒鳴り散らしていたのはこの私です。

私の怒鳴り声で飛び起きた人もいたかと思います。

御近所の皆さん、この場を借りてお詫びします。


本当に申し訳ございませんでした。
大工も大工・・・アンタもアンタ・・・だなんて言わないでね。







お断りこのサイトは公序良俗に反したり人を誹謗・中傷のあるサイトではありません





↑すでに手遅れでしょうか?

4月8日

    あの事件が発生してからはや5日が経過した。

    なぜかいまだにあの大工の顔を毎日見ている今日この頃・・・・・・

←前の日記へ  次の日記へ→

トップDiaryトップ2005年4月の日記 大工にキレる





111

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー