トップDiaryトップ2005年5月の日記


2005年 5月の出来事

すでにやってあること(北側境界上の基礎・砕石敷き) / ビリ砂利を敷く

5月5日

  すでにやってあること
すでに終わっていることがいくつかあります。
外構日記が始まる時に一緒に書いた方が良いと思い、
あえて今までの日記には書き残しませんでした。


其の一 北側、境界線の基礎。


昨年の暮れに着工。
工事費は隣の家と折半。
プロの方にお願いしました。

というか隣の家の御主人(プロ)
が作ってくれました。

近い将来、折半でなるべく
安くてなおかつカッコよい
フェンスを隣の御主人が
見つけてきてくれて取り付ける予定。
よろしくお願いします。




其の2 砕石を敷く。




今年の4月、女房の親父さんと一日がかりで↑の赤い部分に
雑草を撲滅する目的と、ビリ砂利を敷く下地に砕石を敷きました。
ビリをそのまま土の上に敷いてしまうとビリが土に埋もれて無くなってしまうからです。


我が家の敷地は雑草天国。
雑草にはほんと悩まされました。
根っこが強く、かなり力を入れて引っこ抜かないと取り除けません。

雑草魂・・・やっとその意味が分かりました。
かなり厄介な魂だ。

ちなみにこの土地を購入する時の風景は下の写真に近いものがありました。



これは2004年8月の日記の最後にのせた写真を切り抜いたものです。
すごく評判がよかった写真です。
でも実はこの緑、左上の樹木以外、すべて雑草なのです(笑



それではまだ何も手付かずな状態の写真から↓
ここが駐車場スペース。
雑草を刈ったばかりなので土が見えてますが
雨が降った日には田んぼ状態になり
玄関を一瞬にして泥だらけにしてしまいます。
続いてガーデンスペース。
オヤジの腕の見せ所といいたいところですが
ウッドデッキ以外、
まだ何もイメージが沸いていません(苦
雑草を刈ってからまだ一週間しか経過して
いなのというのにもう緑が所々見えます。

裏側。ここにも砕石をした後、
ビリ砂利を敷こうと思います。
ビリ砂利の上を歩くと音がするので
防犯にも有効だからです。





女房の親父が砂利屋さんから砕石を買ってきてトラックで運んでくれました。
リアルオヤジ(女房の親)と3児のオヤジの二人がかりで作業をしました。

このひと山が1立方メートル(いちりゅーべ)
今回は4立方メートルの量を使います。
敷く面積は約100uくらいかなぁと思います。
いちりゅーべでもこのように山になっていると
相当な量です。これを見た時は
やる気が一気に失せてしまいました。


価格は4立方メートルで7000千円也
↑リアルオヤジのコネで破格の値段だとか・・。
通常価格は1立方メートル(いちりゅーべ)で
3000円程度だそうです。
作業開始。一輪車とシャベルで
地道に砂利を運びます。
これが1番つらかった。


砕石の厚さは10cmを目標に敷きます。
奥に見える小さなランマーで砕石に
水をかけながら平らになるようにたたていきました。
水をかけずにランマーでたたくと砂ホコリが舞い、
一瞬にして視界を遮ります。
あと水をかけることで砕石を引き締めるそうです。

午前中は北側と西側が完成。
この時点で全身がすでに筋肉痛になりました。

午後からは駐車場スペースと
ウッドデッキのスペースに砕石を敷きました。

砕石は、粒の大きさによって様々な種類があります。
大きいのから細かいのまで様々混じっている
場合で
砕石を注文する時は
例えば大きい粒の最大が60ミリの場合、
「60〜0(ろくじゅうぜろ)」
と言って注文するそうです。
「80〜0」、「60〜0」、「40〜0」
などの
種類があります。

今回の砕石は「80-0」です
途中から長男坊も”雪かき”を持ってきて参戦。
作業効率が悪くなったのは言うまでもありません(笑


安い砕石だからでしょうか、細い棒状の鉄くずが
砕石の中に混ざっていました。
これを取り除きながらの運搬作業がまた大変。



リアルオヤジ・・ほんとコネなんだろうな!?
ウッドデッキスペースの砕石敷きが終了。
あとはビリ砂利を敷くだけです。
これで雑草が生えてこないと思います。

しかしウッドデッキの取り付けはまだ未定(苦
最後に駐車場スペースの砕石敷きが終了。
PM4:00頃すべての作業が終わりました。
ここは私が担当したところですが、
かなり凸凹しています。
初めてにしては
OK牧場
リアルオヤジが言ってくれました。

このオヤジも駄洒落が冴えない人です

いやぁー、この作業はほんと辛かったです。
次の日は全身筋肉痛で動くことが出来ませんでした。

ほんと動けなかった。

職場で例の社長が(4月の日記、我が家の観葉植物参照)

私のチンタラしている仕事姿を見て


「おい!またオメェー昨日、フィ〇ピンパブパフパフしてきただろ?」


なんて言われてしまいました。

何がパフパフだ!亀仙人みたいなこと言ってんじゃねーよ!
新築してからそんなところ行ってねーし。 そんな余裕もねーよ。


ともあれ、リアルオヤジのおかげで砕石を無事に敷くことが出来ました。

ありがとうございました。

それと改めて土木の仕事をしている方々の凄さを肌で感じ取ることが出来ました。

こんな仕事を毎日しているのだから腕が太くなるわけだ。

5月11日

 ビリ砂利を敷く


昨日、女房のオヤジさんがビリを運んできてくれて

私が平面図の赤い部分にビリを敷きました。

すでに砕石を敷いてある為、、ビリは約2cm厚程度に薄く敷けばよいので

ランマーでたたく必要も無く、非常に楽な作業でした。

ただ一輪車にビリを入れたり、砕石の上に敷く時、じゃらじゃら音がうるさいのが難点です。

近所迷惑だったかも? まぁ、音が鳴らなければ防犯にもならないのですが。

10ミリサイズのビリ。
3立方メートルの量を運んできてくれました。


価格は3立方メートルで4000円
これもリアルオヤジのコネでかなり安かったとか
北側。ビリを敷いただけでなのに
かなり見た目の印象が変わりました。

西側。歩いてみると確かに
”じゃりじゃり”音は鳴りますが、
こんなんで本当に防犯効果があるのだろうか?
なんて疑問に思ってしまいましたが
ビリを踏んだ時の感触がすごく良かったです。

駐車場スペースの部分を残して、ビリ敷きが完了。
ビリが山となって余ってしまいました。
2立方メートル位で十分だったかなぁ〜。

このままではもったいないので
駐車場スペースに撒いておきました。
これで自分のできる下地作業はすべて終了。

あとは雑草が生えてこないことを祈ります。

雨の日も今までと多少状況が変わってくれればうれしいのですが。

雨上がりの次の日、泥だらけになった玄関土間に水を流しながら

デッキブラシで一生懸命ゴシゴシこすって掃除する役目はもう疲れたし。

←前の日記へ  次の日記へ→

トップDiaryトップ2005年5月の日記 すでにやってあること(北側境界上の基礎・砕石敷き) / ビリ砂利を敷く





111

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー