トップDiaryトップ2005年8月の日記

2005年 8月の出来事

初めてのDIY 花壇作り〜完成編・3部作

 8月3日

 花壇をDIY(完成編其の一)



花壇に漆喰を塗るための下準備をしました。

補修用のモルタルパテを購入
ヒビやかけた部分にモルタルパテを
埋め込こんでからヘラで整えて
乾燥させます。
続いてホームセンターで購入した
下塗りシーラーを塗っていきます。

シーラーをムラなく全体に塗っていきます。
モルタルと上塗材(漆喰)との密着性が高まります。
塗りつけ後、約1時間乾燥させました。

ここまでは順調に作業が進みました!(当たり前)

そして花壇をDIY真打ちうまくヌレ〜ルが満を持して遂に登場!!


「ここまでたどり着くのに長かったな〜ぁ・・、
                 ロード・トゥー・ しっくい・・・棘(いばら)の道」

なんて訳の分からん独り言をブツブツぼやき、



涙ぐみながら漆喰を塗っていきました(実話)


モルタルの塀がボヤケテミエタワ


漆喰も下塗りと仕上げ塗りと2回に分けて塗っていきます。

今日は下塗りだけやりました。


漆喰下塗り完了!
真っ白だ!

想像以上に真っ白な花壇になりそうです。

漆喰塗り初体験でしたが、モルタルとはコテから伝わってくる感触がまた違い、

なんともいえない心地良さで、塗っていて楽しかったです。


あ、そうそう、忘れていました。

漆喰を塗る直前、女房の親父さんが実家の畑から黒土を

運んでくれました。花壇用の土です。↓



こんな光景を眺めていると、もうすぐ花壇も完成に近づいている実感が

やっと沸いてきた1日でした。

 8月8日

 花壇をDIY(完成編其の二)


今日仕上げの漆喰を塗りますが、どんなコテパターンにするか悩みました。


最終的に我が家の外壁と同じ、クシ引きの校倉(あぜくら)


改め


ワイヤーブラシ引きの校倉に決定!!


・・・・こんなんあるんかい?  まさに素人の発想です。

っていうかクシが何処のお店にも売っていませんでした。


不安を少々抱きながら

塗りつけた漆喰をワイヤーブラシで引いていくと

期待通り?あぜくらなんていう仕上がりには程遠く、



田んぼのど真ん中をさまよっているようなあぜみちになってしまいました(泣


模様(あぜみち)をつけていったワイヤーブラシは漆喰を剥ぎ取っていき、


まるで歯磨き粉をつけ過ぎた歯ブラシのような姿に・・。

模様を付けていくタイミング(漆喰の乾き具合)が悪かったのでしょうか

それともワイヤーブラシに無理があったのだろうか・・。


急遽予定を変更、あぜみちを漆喰で上塗りして塗り潰し、


「やっぱ素人さんにはワイルドランダムな連波でしょ!」


と気持ちを切り替えてコテを魚のうろこを思い浮かべながら動かし塗っていきましたが

塗る面積が小さ過ぎたのか、ただのムラにしか見えないのでこれも途中で中止。

あせりました、漆喰が底を突き始めています。

今度が最後のチャンスです。

ムラをまたまた漆喰で塗り潰し、コテの横部分で縦横とランダムにコテ波を残していきました。



斜めにコテ波を残していくのを
忘れてしまった

ブロックダムもどきが完成

それとも
マイルドプラスターもどき?

なんだか中途半端なパターンになってしまいましたが

これにて漆喰塗りは強制終了  うまくヌレ〜ルが底を突きました。

「まぁこれならいいや」てな感じです。



続いて漆喰が乾いたら 撥水剤を刷毛で塗ります。

漆喰の色が変色しちゃうか心配でしたが、この段階では大丈夫でした。




最後の追い込みです!女房の親父さんが運んできてくれた黒土を花壇に入れていきます。

黒土って
お店で買うと
結構値が張る代物でした。
予算的に助かりました。




そしてホームセンターで買ってきた白色の安い木製フェンスを花壇に差込み

←1枚298円也


仕上げにL型の張りレンガ 白色セメントで接着しました

ワンポイント↓









そして、遂に・・

約一ヵ月間
も時間を費やしてしまい

その場、その場の成り行きだけで仕上がった
花壇が完成





こんな感じになりました!



作業の終わりに駐車スペースとガーデンスペースの境界に

道路の縁石によくある地先ブロックを埋めて仕切りました。
ライン引きをしてから
土を掘り返し、水平の確認をして
ブロックを埋め込むだけ。
ブロック自体がとても重たいので
モルタルで固定をしなくても
大丈夫そうです。


8月9日

花壇をDIY(完成編番外)〜オヤジ朝から余韻に浸る

今朝、仕事に間に合わなくなるのもお構いなしに

自分が作りあげた花壇を見てうっとり余韻に浸っていました。


(#^.^#) エヘッ♪ (キモイ)



余韻といっても

「いやぁ上手に出来たな〜」とか

「俺ってやればできるじゃん!」というような自画自賛するような余韻ではありません。

ここでは写真でしかお見せできませんが

実物は曲がっていたり、綺麗に漆喰が塗れてもいないし

プロの仕上がりとは程遠い代物です。

所詮、素人が作った花壇です。



なんて言えばよいのでしょうか

私が小学生5年生の頃、朝の6時に模型屋の前の行列に並んで、10時開店と同時になだれ込み、

やっと買えた400円のガンプラを親の力を借りずに1人で作りあげた時の

充実感というか達成感といえばいいのだろうか


そんな余韻です。(分かるかな?また例えがガンプラになっちゃったけど(苦 )



初めての屋外DIYでしたが作業を終えた夜の

あの疲労感が今まで味わったことの無い、とてもすがすがしい疲労感です。



私は公営住宅に住んでいた頃、屋外で何かを作るなんていう経験が無く、

しかもどちらかといえばアウトドアよりインドア派で子供達と外で遊ぶ以外は

家にひきこもっているか夜のネオン街に姿を消していくような人間でした。

仕事でも職業柄、家の中で朝から晩まで働いているわけで・・・。

でも一戸建てに住み始めてからは

私の生活スタイルも少し変わってきたような気がします。

DIYのおかげなんでしょうね。


真昼の屋外で汗をかきながら作業をやる。(体を動かす)

気持ち良いです。

最近の休日は外にいる時間が非常に多くなりました。

青空の下でDIY・・・充実感と心地よい疲労感、病み付きになりそうです。

←前の日記へ  次の日記へ→

トップDiaryトップ2005年8月の日記 初めてのDIY 花壇作り〜完成編・3部作



111

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー