トップDiaryトップ2005年8月の日記

2005年 8月の出来事

リビングの異変 / 北側境界完成

8月16日

 リビングの異変(外構日記とは関係のないお話 その2)

夜の10時、今日も仕事を終えて寄り道もせず我が家に帰宅。


リビングのドアを開け、私の目に1番最初に飛び込んできたもの↓













ダンボールハウス




利根川の橋げたにこんな素材を使用した家をたまーにみかけるときがあるけど

まさか我が家のリビングにダンボール住宅が出現するとは!!

まさに晴天のへきれき。 はぁ〜驚いた。

このハウスの施工業者はもちろん私の子供達。

しかしながらよーく見ると、なかなか精巧に作られた代物なので

少しだけこの家を紹介したいと思います。お付き合いのほどよろしく。


設計・施工 /長女

インテリアプラン/次女

現場監督/長男

建坪 1/2坪

総工費/1055円




まずは外観から↓


玄関

ビニール製の水玉のれん。

なかなか斬新なデザインですが

防犯上不安です。


屋根

赤と白のチェック瓦だそうです。

うさぎとハート模様のスレート葺がワンポイント。


ポスト 

素材は昨日、さんまが入ってた

スチロールトレー製。

かなり生臭いです。


は縦滑り出しサッシですね。

施工いわく

外壁は黄色の鉄板だそうです。


続いて室内を紹介。



クロスはモスグリーンの環境にやさしい

「紙」素材の壁紙を採用。

焼却時にも塩化水素ガスを発生しません。

インテリアプランナーいわく、

この家の売りの1つに

時計の針がちゃんと動くことだそうです。

女房のハガキ入れがいつの間にか

このハウスの収納棚に。


「この部分はなんで壁紙をはらないの?」

と施工に質問したところ、


この棒は化粧梁だったことが判明。

気付かずに申し訳ございませんでした。

素材は”ぺヤングソース焼きそば”の割り箸製。


奥には洗濯物が干されていました。

外は雨なのでしょうか?

我が家の生態が

にじみ出ている空間です。

このダンボールハウスが完成してからというもの、

子供達のリビングにいる時間が今まで以上に長くなりました。

とても良いことなのですが、

2階に置いてあるはずのウルトラマンや、りかちゃん人形、ぬいぐるみなどのおもちゃが

1階に大量流出。 そしてリビングを占拠!



よく「リビングのPhotoをはやくみたいです」とメールで頂きます。

なかなか公開できない理由をあえて言いませんが

なるべく早くUPしますね(泣

今年中にはなんとか・・・






リビングはいつも子供達が散らかして崩壊。リビングはいつも子供達が散らかして崩壊。リビングはいつも子供達が散らかして崩壊。
リビングはいつも子供達が散らかして崩壊。リビングはいつも子供達が散らかして崩壊。リビングはいつも子供達が散らかして崩壊。
現在、我が家のリビングはおもちゃの王国。

8月17日

 北側境界完成

昨年の12月、お隣さんと折半で作られた北側境界線上の基礎部分に


ブロックを1段積みあげてフェンスが取り付けられました。

フェンスの色はお隣の御主人さんが気を使ってくれて

我が家の東側フェンス色と同じシルバーのフェンスを採用してくれました。

折半でフェンスを取り付ける場合は
シルバー色おすすめ!

”どんな家にもマッチします”
なんて私は思いました。

お隣さんの花壇が
赤レンガと2連のアイアンアーチを使った
これまたカッコよい花壇なのです。

お見せできないのが残念。

私は今回、ブロックの穴にモルタルを埋め込む作業をしたくらいで

あとは隣の御主人が全部仕上げてくれました(ありがとうございました)


このスペースは近い将来、

私のナウなセンスとお隣の御主人さんのキュートなセンス

入り交ざる空間になると思います。

面白そうです。どんな空間になるのかとても楽しみにしています。

←前の日記へ  次の日記へ→

トップDiaryトップ2005年8月の日記 リビングの異変 / 北側境界完成
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー