トップDiaryトップ2005年9月の日記

2005年 9月の出来事

西側塀完成〜ジョリパット塗り


9月19日

 西側塀完成〜ジョリパットを塗る
今日は西側塀の最後の仕上げに


                       アイカ工業ジョリパットを塗りつけました。

私の左官DIYの最終目標でもあるジョリパットの塗りつけ。

この時が来るのを夢見ながら花壇から始まり、

モルタル塀をひと夏かけて作り上げ、経験を積んできました。

だから朝から気合が入りまくりです。


シーラーをモルタル塀に下塗りして、良く乾燥させてから作業開始!!



「コテパターン(模様)は塗りながら決めていけばいいやぁ〜」(おい

気合が本当に入っているのか分からない、安易な考えではじめたのが大間違い。

水を加えたりなど調整する必要もなく、そのまま使用できるジョリパットなので

下準備は非常に楽でしたが漆喰と違い、塗りつけると表面にすぐ膜ができて

上塗り(塗り直し)がうまくできません。一発勝負。あせりました。

そして追い討ちをかけるかのように、50mくらい離れた所から腰の曲がったおばあちゃんが

畑でゴミ燃やし真っ最中。黒い煙がボーボー。

(屋外でのゴミ燃やし、焼却炉無しでは法律違反なんだぞ! やめてけれ ばあちゃん
              畑一面だった30年前の世界とは今は状況が違うぞ。住宅いっぱい建っているし。)


ダイオキシンが沢山含まれているかと思われる煙が風に乗り、

私の嗅覚に直撃。何を燃やしているのだろう?

シンナーのようなどこか懐かしい香りがする状況の中で作業をしてました。

臭くて臭くてシカメッ面しながら作業を進めてましたが、

徐々にどこか心地良く(なぜに?)なってきてしまい思考能力が麻痺していき、







          カミサマ、カミサマ、ナンデコンナコトシテナキャイケナイノ?
                        ガンダーラ、ガンダーラ、ドンナユメモカナウトイウヨ




話が少々脱線しましたが、とにかくこんなアウエー過ぎる状況の中なので

ジョリパットをどんなコテパターンに仕上げるか、私に考える余地がありません。

もしくはただ1人でパニックに陥っていただけなのか?

もうろうとしながらも頭を何とか切り替え、花壇を作った経験から

ランダムな連波のコテパターンで一気に仕上げていきました。
(コテ仕上げにするのなら素人はこれが無難だと思う)


結果は・・皆さんの御想像通り、連波というより卵の殻に亀裂が入ったかのようなランダムボロボロ・・・。

略してタマゴボーロ仕上げのできあがり(泣

「素人でも案外簡単にぬれるよー」
なんていう友達の助言を鵜呑みにして

ナメてかかったのが今日の一番の敗因です。

もっとちゃんと調べて十分なイメージトレーニングをしてから取り組めば良かった(泣

手先が器用な方なら上手にできるのかも知れないけど

最終目標だったジョリパット仕上げ。。。私は納得できる仕上がりになりませんでした。(大泣


でもですね・・・

5メートル先から完成した塀を眺めてみると、それなりに良く見えてしまうのです。

ジョリパットの良いところでもあり不思議なところでもあります。


豊富なカラーと塗り方次第で多彩な表情を演出することができるジョリパット。

そして見た目や手触りがとても温かみのあるジョリパット。


ジョリパットにふれることができ、今は体感しただけでも塗った甲斐があったかなぁ〜なんて思います。


あとはジョリパットが乾燥したら撥水材を塗って私の左官DIYはこれにてひとまず終了。


それでは違う意味で夢心地になりながら(ラリるともいう)完成させた西側塀をどうぞ!!



こんな感じに仕上がりました。
カラーは白よりややクリーム色が
かかったベージュです。
カラーの選択は正解!

(カラーレベル JP2016)

家の外壁(校倉)より
目立ってはいけません。

↑建築家さんのアドバイス







←塗りの厚みが
  あちらこちらムラムラ(欲求不満とはちがう)で
  所々、モルタルが透けて
  見えちゃっている部分もある
けれど

 (この写真だとちょっと分かりづらいかな?)

5m先から眺めるとなにげにイイ感じ




角がこんなに凸凹しちゃったけど→

















  7m先から眺めると
   「あれっ!?思ったよりイイじゃん」
   ていう感動が・・錯覚が・・・。


  なので我が家の
  ガーデンスペースは

  今日から来訪者立ち入り禁止

  にしたいと思います。
  お客さんが立ち寄れるのはここまで。

塗りつけ後、塀に近寄ってはガッカリして、遠くから眺めると感動して・・

1時間くらいこの庭をぐるぐるぐるぐる1人で旋回しながら起伏の激しい余韻に浸っていました。

俺はいったい何往復したのだろう?


最後になりますがジョリパットを塗ってみて、これからの方向性も見えました。






(¬д¬)y---。oO ボソッ・・・東側塀はプロに仕上げてもらおう・・・
                                           プロが作った塀だし・・・



女房 「それがイイんじゃない、 この塀と違って東側は目立つところだしさぁ。

私   「うん」←やけに素直


いやっ!なんだかこの塀をもう一回塗り直したくなってきた。もう一回チャンスをくれ!かあちゃん!


ジョリパットを知ろう

←前の日記へ  次の日記へ→

トップDiaryトップ2005年9月の日記 西側塀完成〜ジョリパットを塗る




111 
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー