トップDiaryトップ2006年6月の日記

2006年6月の出来事

コンシンネに捧げるスツール〜欲求不満な日々/イメージ

6月1日

 欲求不満な日々
 

住宅ローン借換え編を書き綴っている頃、ある1人の男性からメールを頂きました。

その内容とは・・・↓


はじめまして♪○○と申します。日記がとっても面白かったので、思わずメールしちゃいました。
〜中略〜
オヤジさんの最近の日記は茶髪ねーチャンだのセレブ銀行員だの・・・女性の話ばかりですね(笑 
オヤジさん、欲求不満?
欲求不満だから出会う女性が全員素敵にみえちゃうのかも(笑
〜以下略〜






アンタ!スゲェーよ! 初コンタクトなのにこんな鋭いツッコミができてをしてくれて!


しかしこういう反響は日記を書き綴っていく励みになりますし、

HPを更新していく肥やしにもなります。感謝! 皆さんも気が向いたらよろしく m(__)m


ええ・・・ご指摘の通り私は欲求不満です。この数ヶ月間、ずっと欲求不満な日々を送っています。

ムラムラムラムラ

原因として外構DIYができなくなってしまったことが大きいです。休日の楽しみが何も無い!

禁断症状なのかは分かりませんが、ひとんちの庭や楽しそうにDIYをやっているHPを見るたびに

手足がプルプルプルプル震えてきちゃいます(貧乏揺すりともいう)

最近は手足が震えるどころか走り出すと腹の皮下脂肪までプルプルプルプル震えてきちゃうありさま・・・。

s(・`ヘ´・;)ゞ AVのモザイクだって磁器質タイルに見えてきちゃうんですよぉー 


このままではまずいなぁ・・・あぁ−!!何か作りてーぇ!!でも子供は3人でもう十分だ!


こんなむなしい日々を送っている中で思いついたもの・・・

コンシンネの花台代わりになるスツールを作りたい♪

コンシンネに捧げるスツールを作ってジュリアナ東京で例えるのならば

お立ち台の上にいるワンレンボデコンのオネーちゃんのように

コンシンネをエントランスの空間の中でも飛びぬけて目立たせようと思います。


新築物語史上初のインテリアDIY・・・満を持していざ決行!




えっ?木工の経験ですか?


-y( ̄Д ̄)。oO○ 小6の夏休み工作で木の船を作ったとき以来ですけど何か?


禁断症状を抑える為にはやるっきゃない!


PS そうそう、痔主様になってからというもの女房が夜、全く相手にしてくれなくなったのも欲求不満の原因のひとつかと思われる。


6月2日

イメージ
お断り  今日の日記はアフィリ画像が多く登場します(汗 本来、小遣い稼ぎのプログラムシステムですが
リンク先のネットショップの画像を無許可で自分のサイトの好きなスペースに貼り付けることができる
という裏のメリットもあります(こんなこと書いてしまっていいのだろうか)
そのメリットを今回は生かして皆さんに日記の内容がより分かりやすくなるようにした結果ですのであしからず。
「日記にまで貼り付けやがって!がめつい野郎だ!」なんて思わないでね♪
ぶっちゃけ、全然儲かっちゃいねーし(笑


コンシンネの花台代わりになるスツール。イメージ(妄想ともいう)はすでに沸いています(笑


私も大好きな彫刻家、イサムノグチフィンスツールiconicon

北欧のシューメーカースツール(靴職人の椅子)

を融合したようなスツールを作りたいと思います(笑




iconicon

イサム・ノグチ

1904年。ロサンゼルス生まれ。コロンビア大学に入学し、医師を志すかたわら
レオナルド・ダ・ビンチ美術学校で彫刻を学ぶ。奨学金を授与されると、
パリへ渡り留学生活を送る。その後、北京、日本と渡る。1947年にハーマンミラーの
デザインディレクターであったジョージ・ネルソンに請われ「ノグチ・テーブル icon」を発表。
世界を代表する偉大な日系アメリカ人彫刻家。
2004年に生誕100周年を迎え、これを期にヴィトラ・デザイン・ミュージアムが
販売権利を獲得。魅力的な作品が続々と復刻され話題となっている。

hhstyle.com より


靴職人の椅子

16世紀に北欧でデザインされ、最初は牛の乳搾り用に使われていた椅子が、このシューメーカーチェアーです。
元々は”ミルキングスツール”と呼ばれていましたが、靴職人が使うようになってから
靴職人(Shoe Maker)の椅子という意味で、この名が付いたと言われています
ノアシス(デザインインテリア) より



ええ。。。妄想だけはいつも壮大(笑 伝説の彫刻家と北欧の伝統にこれから挑もうとしているのです(爆

無謀だ・・・無謀すぎるぞ・・・・・木の船しか作ったことが無いのに・・・・・・・(自問自答


┐('〜`;)┌ 要は自分が自己満足できればいいんです♪



女房にこの意気込みを今さっき伝えました。


「ホームセンターで2000円くらいのスツール買ったほうが無難なんじゃない?

「うーん、でもさぁ〜・・・。」なに迷っているんだ俺。


・外構ができなくなって休日に何も楽しみが無くなってしまったこと。 「じゃぁ家の掃除がんばってよ」 「やってるべ!」

・禁断症状がひどくなってこのままでは仕事もできなくなってしまうこと。 「その前に少しはダイエットしたら」 「・・・・。」

・あとはオマエ(女房)の責任でもあること。「なんで私のせいなん?」 「みなまで聞くな!」


私はこれらをよーく女房に言い聞かせて説得をさせました。

「じゃぁ、やるだけやってみればいいじゃん!」

「何だかムカついてきた・・・完全になめられているよ・・・ブツブツブツ」


こうなったら新ブランドを立ち上げるくらいの勢いで作ってやろうと思います(おい


乞う期待!挫折したらごめんなさい。途中から成り行き必至!


←前の日記へ 次の日記へ→

トップDiaryトップ2006年6月の日記 コンシンネに捧げるスツール〜欲求不満な日々/イメージ
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー