トップDiaryトップ2007年2月の日記

2007年2月の出来事

内壁塗装工事 珪藻土

 内壁下地パテ埋め 珪藻土の左官仕上げ

2月3日

 内壁下地工事 パテ埋め 
 

 クロス貼りと珪藻土を塗装する為の内壁下地工事が1月中旬に行われました。


タイガージョイントセメントというパテ

軒下でも使用したビニデラックス

内装下地(石膏ボード)の処理をしていきます。


いくつもの白い点のように見える部分がビス穴のパテ埋め。

フラットな面に仕上げるだけではなく

ビスが浮いたり引っ込んだりするのを防ぎます。


石膏ボードのジョイント部分(目地)はパテ埋め後に

ビニデラックスで下塗りもします。

塗り壁はボードの目地にクラック(ひび割れ)が入りやすく

それを予防する為。



松無垢の梁にも水性ウレタンのクリア塗装が施されました。

見た目はあまり代わりが無かったのですが

保護と汚れ防止の役割があります。

この塗装は後で大工さんが絶賛していた

床の縁甲板にも塗装されるそうです。

 以上が1月中旬から後半にかけて仕事。この後はパテが完全に乾燥するまで放置プレー養生。

仕上げにサンダーをかけて表面をフラットにして

内壁下地処理は完了。


2月5日

 珪藻土塗装 左官仕上げ 
 

 はなれの目玉の1つでもある珪藻土が塗装されました。

珪藻土(珪藻土)とは

ガラス質の殻を持った単細胞の植物プランクトンが湖底や海底に800万年〜1000万年沈積し、

その死骸から堆積して出来た土層で採取されるもの。七輪の材料に使われる。

多孔質である(スポンジのように多くの小さな穴を持つ)ことから、

吸湿性、吸放質性、保温性、断熱性に優れた素材。



今回使用した珪藻土は(株)梅彦さんのUMけいそうパワーシリーズけいそうわら聚楽

このシリーズは天然のわらスサ入りの珪藻土で合成樹脂接着剤が配合されています。


なぜ合成樹脂が入ってるんだ?なんて私も最初は疑問に思いましたが


珪藻土だけでは壁材として使用することができないそうです。

珪藻土を何かで硬化させなければいけません。


蕎麦(そば)で例えるのなら

蕎麦粉だけでは麺を成形することができず(最近は蕎麦粉100%なんてもんも出回っているが)

基本的には小麦粉などのつなぎを入れてはじめて蕎麦が麺になるのと同じこと。

↑食いモンで例えることしかできない自分がどこか悲しいorz...


珪藻土を硬化させる素材として石灰・セメント・石膏などの自然素材で硬化させる「自然素材系」と、

合成樹脂で硬化させる「合成樹脂系」の2種類に大別されるそうで、

はなれで使用する珪藻土は後者です。

施工性や価格、性能などで合成樹脂も自然素材も一長一短な所がありますが




珪藻土と一言でいっても品質(珪藻土の含有量や硬化材)は

                    千差万別であることをお忘れなく。価格もね。



ともあれ珪藻土は珪藻土、私はというと・・・最終的には色で決めちゃいました(笑


うんちくはこの辺にしておいて・・・


肝心な塗装中の写真は・・・仕事が忙しくて1つも残せませんでした(おい

すごく残念 o( _ _ )o ショボーン


柱や窓に珪藻土が付着しないようにシートで養生してから塗装開始!

粉末状の珪藻土に水とワラを入れて

よく練りあわせてからコテを駆使した

左官仕上げで塗りつけていきます。

この珪藻土は石膏ボードに直接塗ることが

できるそうです。

土間壁はコテムラを軽く残した仕上げに。

親が嫌がっていた色です。

まだ完全に乾燥していなく、少々

湿ったような仕上がりですが結構いいでしょう?


和室の壁はフラットに仕上がりました。

吹付け仕上げか?と思いましたが

これも左官仕上げなんだそうです。

うーんコテでこんなに平らに塗ることができるとは!

さすがプロ!


←和室壁の拡大画像。天然のわらが入っています。

この色の珪藻土が和室の壁に塗られた時、

私は正直言っていまいちピンときませんでした。

石膏ボードの色と同じような色合いだったからか?

アクト代表に「珪藻土どうです?」と電話で聞かれた時も

「ピンクの方が(玄関)オレは好きだなぁ〜」

と言っちゃったくらいです。

しかし時間が経つにつれて毎日見ているうちに

「この色もいいかも」

なんて良く感じてきちゃうんです。とても不思議(笑

壁全体の雰囲気は昔の家の土壁みたいな感じ。

色の違いが分かるでしょうか?

さぁアナタならどっち?


( ゜Д゜y─┛~~ ~~ えーと・・・最後にひと言・・・

皆さんも何となく感じ取っているかと思われますが、

よく見ると今日の日記はすべて部分画像ですね(笑

部屋全体の雰囲気が分かるような写真はまだ公開しません。

完成お披露目の日までお預けとさせていただきます ..... ヘ(;・・)ノ ソォッ・・・


←前の日記へ 次の日記へ→

トップDiaryトップ2007年2月の日記 内壁塗装工事 内壁下地パテ埋め 珪藻土(左官仕上げ)
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー