トップDiaryトップ2007年2月の日記

2007年2月の出来事

玄関仕上げ工事A

たたきコンクリート打設 土間洗い出し ポーチ玉砂利仕上げ

2月25日

 たたきコンクリート打設 土間洗い出し ポーチ玉砂利仕上げ
 

 玄関土間とポーチが仕上がりました。

オニハウスは真っ白なタイル貼りでしたが、はなれは玉砂利を2種類の工法で敷設します。


業者さん曰く、

「土間とポーチは施工方法が違って大変なんですよ。ア○トは面倒臭いことばっかさせるんだいねぇ〜」


おいおい、施主にむかって仕事が面倒臭いなんて言っていいんですか? 

面白い業者さんだからいいんです(笑

うーん・・・確かに話をきいているとタイル貼りよりは手間がかかりそう・・・・


”たたき”のコンクリート打設は2月の上旬に行われています。


ポーチに型枠が取り付けられて

コンクリートを打設する準備が整いました。


ベタ基礎を施工してくれた業者さんが

コンクリートを打設してくれました。

相変わらず丁寧な仕事っぷりです。


打設直後の土間の様子。

1週間養生して型枠が取り外され

コンクリートも硬化して白っぽくなりました。


たたきが完成。

玄関ポーチの玉砂利仕上げ↓


セメントに松煙を混ぜて黒く着色したモルタルで

巾木を作ります。

白く吹き出たものは汚れではなく、セメントの影響で

こうなってしまうとのこと。

←玉砂利のカタログ

玉砂利をウレタン樹脂舗装用の接着剤

からませながら平らに敷設。

真っ黒だった巾木も全体的に白っぽくなりました。

水に塗らすと真っ黒な艶やかな面が姿を現し、

乾燥すると左画像のように白く曇ります。

色つきすりガラスの器が水で濡れた時と
                  乾いた時のような感じに似ている。



命名 
雷おこし
のようなポーチが完成!
          ↑アクト代表命名

「おー!そういわれりゃ雷おこしそっくりだ!」byオレ




←東京浅草名物和菓子 雷おこし



続いて玄関土間の洗い出し↓


セメントの中に玉砂利を混ぜて左画像のように

ならしてからセメントが固まらない薬を表面に塗布

して1日養生。


次の朝、水を流しながらブラシをつかって“洗い出し”をします。

昨日、薬を塗布した為にセメントの表面だけは固まらず、

ブラシでこすると玉砂利が姿をあらわします。

DIYとしても面白そうな作業に見えましたが・・・・


「素人さんには難しいよ。まず平らに仕上がらない」by業者

砂利は骨材としての機能を持つためにヒビ割れに強く、セメント以上に耐久性に優れているそうで

見た目、性能など一石二鳥な仕上げ工法だと思います。

砂利の選び方次第で洋風な家にも似合いますしね。

洗い出しのセメントが硬化して

玄関土間とポーチが完成。

ポーチはあまり見たことがない雰囲気ですねー。

さすがは雷おこし。

←クリックで拡大画像が見られます


この翌日、業者さんが再びやってきて土間を酢で一生懸命磨いていました。

砂利の表面についた余分なセメントなどの汚れが落ちて砂利に光沢が生まれるのだそうです。
       土間洗い出しのアップ画像


私も予想以上の玄関が目の前に出現して満足というよりも驚いています。ありがとうございました。

「業者さん、業者さん、面倒臭いだけあって素晴らしい土間ができましたね(笑」

「プロでも洗い出しは上手くいかない時があるんですよー、今回は綺麗にできたけど、ハハハ」by業者


玄関と玄関まわりはとても手間がかかっていて、店舗屋さんでもあるアクトらしい空間に仕上がりました。

ビフォー

アフター
 

←前の日記へ 次の日記へ→

トップDiaryトップ2007年2月の日記 玄関仕上げ工事A たたきコンクリート打設 土間洗い出し ポーチ玉砂利仕上げ


広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー