トップDiaryトップ2008年6月の日記

2008年6月の出来事

我が家の観葉植物2008〜猫とコンシンネとカポックの因果関係

6月13日

 コンシンネとカポック

我が家の観葉植物を語るのに欠かせない植物↓



真実の木コンシンネ



抹殺マイスターという称号がついてしまったのは

初代から3代目までのコンシンネをすべてダメにしたことが発端。


しか〜し!4代目コンシンネは昨年、暖冬の(←ココ重要)寒さに耐えて生き延びることに成功!



しかも今年の寒い冬も乗り越えました♪


←2007年3月撮影

祝!4代目コンシンネ3年目に突入!


私もそろそろ観葉植物抹殺マイスターの

称号を返上しようか?






だけど4月頃からちょっと様子がおかしいんです。

葉先が切れたように無くなっちゃってるんです。

葉っぱ自体は元気なのですが。



もしや変な病気に犯された?










5月に入ると脱毛(?)まで始まってしまいました。

葉っぱもどこか元気がなさそう・・・。

何なんだ!原因は!!

あせった私は本やネットでコンシンネが

なぜ脱毛してしまうのか原因究明に向けて

一生懸命勉強したところ

一つの答えを見つけました↓















猫が葉っぱを食ってやがったミ(ノ;_ _)ノ =3 ドテッ















この猫、ネコ草食わないと思ってたらコンシンネの葉を食ってやがったのです!


ちなみにこのバカ猫の名は

Dangerous・Hightension・Cat(デンジャラス・ハイテンション・キャット)





略してDHC 化粧品ではありません。













 (т。т;)

 4代目
コンシンネ3年目の初夏、

 猫に毒され遂に力尽きる・・・。


 猫と観葉植物の共存は

     不可能なのだろうか?





だけどDHC(猫)、カポックだけは何故か見向きもしません。何で?

6月の今現在も元気に成長してます↓





オヤジ家の奇跡、

可愛いカポックは

いまだにすくすく成長して










コンシンネが独占していた

花の
ジュリアナお立ち台を遂に奪取!


大きくなったでしょ?かなり間延びしちゃっているけど(汗






我が家の観葉植物2008、現在の様子は

カポック金のなる木サンセべりアだけが生き残り、

エントランスに飾られてるだけの状態。



私の勝手な憶測なのですが

多分うちの猫はコンシンネの垂れ下がった葉の形状が大好きで

食いつきやすく、ジャレるのにはもってこいの存在であり、

ツンとして丸みを帯びたカポックの葉は遊び辛くて嫌いだったのでしょうね。


( ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄;;)ボソッ…

    私の今までは猫とは逆で、垂れ下がったのよりはツンとしている方が好きだったけど

      この歳になって分かるぞ!お前(猫)の気持ち!垂れ下がったのも抱擁力があってイイ!

     ↑皮下脂肪の話ですよ皮下脂肪の!




猫を飼っているおうちでは観葉植物はどのように育てているのだろう?

何か共存できる方法があったら教えてください。


近いうちに新たな観葉植物を購入しようと思っています。


( ̄~ ̄;)ウーン・・・コンシンネを買うのはもう辞めようかなぁ〜。


←前の日記へ 次の日記へ→

トップDiaryトップ2008年6月の日記 我が家の観葉植物2008〜猫とコンシンネとカポックの因果関係
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー