トップPhotoトップキッチン

キッチン

この家のキッチンはフラット対面式のフルオープンキッチンで19畳のリビングに対して約6畳を
占めています。ここまでオープンなキッチンはリビングという大きな1つの部屋にソファや
ローボードなどの家具が置いてあるのと同じような感覚がしてしまいます。
リビングとダイニングは別物とお考えの方はお勧めできません。
フルオープンのメリットとして女房がキッチンで作業中でも子供に目が行き届き
コミュニケーションが図れること。あとは開放感。
デメリットはやはりキッチン内部が丸見えになってしまう為、いつも綺麗にして
おかなければならないこと。これが結構大変です。食器洗浄器は欠かせないです(笑)

我が家のシステムキッチン全貌
ダイニングテーブル代わりの
リビングカウンター。
ダイニングテーブルを置くスペースが
いらないので、よりリビングを広く
すっきりと見せることができます。

ダイニングテーブルを
買わなくてもすむしね

幅は46cmあります。
ちょっとした定食屋さんのカウンター
と同じくらいの幅です。
朝食や昼食はここで
済ませてしまいます。
クリナップの常時換気能付きレンジフード。
省エネ、弱運転で24時間常に
換気をすることが可能です。
音も全く気になりません。
両脇から煙を吸い取ってくれるので
調理中の臭いが部屋にこもりません。
そして私の唯一の喫煙所です。
“強”にすれば空気清浄機なみに
タバコの煙も吸い取ってしまうので
部屋に煙と臭いが充満しないです。
キッチン奥の小窓。
この小窓が付いているだけで
キッチンの明るさが全然違います。

と施工さんが言ってました

たとえキッチンの配置が家の北側で
小窓を北側に付けたとしても
明るさが断然違います。

と施工さんが言ってました。

でも本当にここから差し込む光は明るいですよ。
クリナップのクリンレディI型。

サイレントシンクといって
水を流した時、シンクに水のあたる音が
とても静かです。
クリンレディは引出し形の収納で
サイレントレールといい、
勢いよく閉めても、
手前でフワリと止まって
あとは静かに自動的に
閉まってしまう機能が付いてます
これは優れものです
左の写真の引き出しだけでも
結構な量が納められます。
手前はビルトインの食器洗浄器です。

しかし我が家がクリンレディを
採用しているのはこの部分だけです。
フロントスクリーン
想像以上に油が飛び散るのを
ガードしています。
耐熱仕様のガラスプレートです。

固定されているのではなく
置物と同様に
ただ置いてあるだけなので
(かなり重いですが)
丸洗いが出来ます。

値段が良い(高い)のには驚きました。
吊り戸棚。
注文家具屋さんで作っていただいた
アクト(施工さん)オリジナル吊り戸棚です。
リビングと
モロオープンにつながった我が家の
キッチンは、この吊り戸棚の部分が
極めて目立ってしまう為
リビングとの調和と見た目、インテリア性を重視にして
建築家さんがこの木製の吊り戸棚を採用しました。
実はこの吊り戸棚を採用することで
コスト削減にもつながっています。
扉を開けるとこんな感じです。
収納力抜群です。
棚の数や配置を自由に決められるのも
注文家具屋さんならではの強みです。
正面から
キッチンカウンター下の戸棚
扉を開ける
扉は吊り戸棚と同じく化粧板です。
流し台とキッチンカウンターと間は
110cmの幅があります。
大人2人が同時に作業をしていても
ぶつかることなくスムーズにこなせます。


かあちゃん!やっぱりここの幅広すぎなかったかい?
もう少し狭くしてリビングを広くした方が・・・・

うるさい!!(女房)
とこんな会話が入居後約一ヶ月間続きました
キッチンカウンターはタイル貼りです。
特に壁につけた市松模様のタイルが良いです。
このスペースは分担作業の時や
料理の盛り付け台代わりなど
多目的に使えてとても重宝しています。

キッチンカウンター奥のスペース。
これは私のアイデアで、あえて奥は
パネルにしてもらい、女房の机代わりとして
ここで料理本を読んでメモったり
家計簿やラブレターなどを書けたら
いいなぁなんて思って作っていただきました。
今のシステムキッチン、
ただ、料理を作るだけのスペースでは
もったいないような気がしたからです。

が、しかし・・・・↓
入居後は、オーブンレンジの置く場所が
どーうしても見つからない為、
このようになってしまいました。

女房がふてくされたのは
言うまでもないです

「これだったら全部タイル貼りのほうが
綺麗だったのに〜」

↑建築家さん
我が家は水周りの家事動線が
廊下をまたがらない
一直線の為、非常に無駄のない
動きが出来て効率が良いです。

キッチン→洗面所(洗濯機置き場)→風呂
と引き戸越しにつながっています。
この回遊式の家事動線、オススメです。
リビングカウンター上のスポットライト。
このスポットライトは
白熱灯です。
りビングカウンターに
温かみのある光を
運んでくれます。
照明をつけたキッチン。
もっと実際は明るいです。
写真が上手に取れません。
あと、レンジフードも照明が付いているのですが
明かりを灯すのを忘れてしまいました。
吊り戸棚下の間接照明です。
店舗も手掛ける 
建築家さんならではの発想です。
この吊り戸棚、
唯一の弱点は、このように
脚立を使わないと上に置いてある物を
取れないところです。

夜中、無理やり女房を起こして
モデルにしました。だからパジャマ姿です

トップPhotoトップキッチン




111

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー